■腹筋トレーニングの効果を上げるためには



腹筋トレーニングの効果をアップさせるためには、前後に 準備体操をすることがお勧めです。腹筋に限ったことでは ありませんが、筋肉をほぐしておくこと、少し暖めてよく 動くようにしておくことは重要です。そのうえで、正しい フォームでゆっくり行なうようにしましょう。

効果が高い腹筋運動は、たくさん回数をこなすことでは ありません。早い動きも特に必要ではありません。たくさん 行なうよりも、確実に筋肉に負荷がかかるよう、ゆっくり 正しい姿勢で行なうことが重要なのです。足がぶれないよう にとか左右の動きを同じにするとか首や足の余分な力を使わ ないようになどフォームを保つことに注意を集中しましょう。

腹筋のトレーニングを行なう際には、呼吸を止めないよう にも気をつけましょう。基本は息を吐く時に力を入れるよう にします。通常の上半身を起こす腹筋運動であればゆっくり 身体を起こしながら息を吐き、ゆっくり戻しながら息を吸い ます。もしくはゆっくり息を吐きながら身体を起こして、 身体が起ききったところで息を吸います。そしてまた息を ゆっくり吐きながら身体を戻していくのです。

腹筋の効果は回数に依存しているわけではありませんが、 だんだん負荷を強くするという意味で、回数を増やすことは できます。しかしそれより良いのは、ダンベルを持ったり 負荷の大きい動きに変えるなど、一回一回の動きが難しい 運動にすることです。筋肉トレーニングは短い時間で大きな 負荷をかけるほうが効果が高いのです。

■本サイト人気コンテンツ

★ 自宅でトレーニング
★ 本格的な筋トレ
★ プールで腹筋を鍛える
★ 自宅で鍛える器具
★ 自分で腹を割る!
★ トレーニングの注意点